横浜について

 yokohama1このブログを書いている私、田口義男は横浜の出身です。留学センターの高校留学プログラムやTOEFL、SLEPなどのカリキュラムを組み、西日本エリアでの留学ガイダンスをまとめるために現在は広島に赴任していますが、月の半分は横浜に戻っています。広島びいきですが、浜っ子です。今回は、横浜人の気質についてお話しします。
横浜の人々は自らを「浜っ子」と呼び、
yokohama2
「神奈川」出身とは言わず「横浜」出身と言います。神奈川の他地域とは異なることを主張します。同じ港町でも、神戸の人は「兵庫県出身」と言う方がおられるようですが、浜っ子は絶対に「横浜出身」と自分のことを言い ます。
実は、横浜市には市民誰もが知る市歌
yokohama3があり、小学生以上は全員歌えます。横浜の6月2日の「開港記念日」は、日本にとっても重要な日だと横浜市民は認識しています。その独特の文化、歴史を愛するがゆえにプライドが高い、高すぎる!のが特徴です。浜っ 子は、1都3県の中で、「東京の次」と確信しています。
町も美しく、「古さと新しさ」が調和しています。横浜には古い建造物も保存されて
います。馬車道や日本大通りの辺りからみなとみらい方面を見ると、夜にはライトアップされた古い建物の先に、近代的な輝く夜景を眺めることができます。東京とお店やファッションも変わりません。遊びに行くにも住むにも最適な街で、この両方できる街は希少です。中華街などの観光スポットも多く、グルメレストランが揃ってます。横浜は日本屈指の港町なので、海を眺められる公園が多くあり、有名な山下公園のほかにもたくさんの公園や自然豊かな緑地帯があります。
もちろん、野球は横浜ベイスターズ、サッカーは横浜マリノスの根強いファンです。ただ、広島カープの選手とは個人的に交流があるので、広島カープが好きです。
 

Underdog-アンダードッグ

nomoアメリカ人は Hero 「英雄」が大好きです。「スーパーマン、スパイダーマン、アイアンマン」など、強くたくましく、正義のもとで人々を救うアメリカンヒーローはアメリカの子供たちの憧れの的です。
しかし、その逆の「アンダードッグ」と呼ばれる不利な境遇の人たちが、努力して頑張り、すばらしい成果を見せると、New Hero として社会的に認め、活躍をたたえて拍手喝采を惜しみません。
“Underdog”=アンダードッグを辞書でひくと;
underdog【名詞】【可算名詞】
1.(試合で)負けそうな人。敗(北)者
用例 He always roots for the underdog. 彼はいつも勝ち目のないほうを応援する。
2.(社会不正の)犠牲者。敗残者。負け犬
用例 Help the underdog in society! 世の中の虐げられている人を救済しょう。
アンダードッグは、決して満足できる状況ではない、あるいは不利な状況にあるのに、アメリカに渡ってきて成功して最後に成功というアメリカンドリームを手に入れていく人のことをいいます。
1995年に、アメリカでは全く無名の野茂英雄投手がアメリカに単独渡って、メジャーリーグの名門球団ドジャースに不利な契約条件で入団して、大活躍をした事が「日本人アンダードッグの活躍」として当時メディアで大きく報道されました。その時には
“Tireless work ethic earned Nomo respect in majors”
The Nomo story conjures up the American Dream of the pioneering foreigner who arrives far from home, starts out as an underdog and member of a minority and works hard to make good. That is the philosophy that America …
と新聞で報道されました。
詳しくはこちらで→ http://www.japantimes.co.jp/sports/2010/10/17/baseball/japanese-baseball/tireless-work-ethic-earned-nomo-respect-in-majors/
そして2016年、近年の状況から考えると決して満足できる契約内容ではない中を、広島カープの前田健太投手が海を渡ります。
前田健太はマエケンと呼ばれ広島で愛されてきたピッチャーです。昨年12月には広島市内の小学校で野球教室に他の野球選手と参加して、子供たちを笑顔で指導していた姿がテレビで放送されていました。広島でのマエケンの見納めとなりそうです。

オークランド・シテイに思う

今年日本で開催されているクラブ・ワールドカップ(W杯)で、12月10日に開催国代表としてサンフレッチエ広島が、オセアニア代表チームのオークランド・シティと開幕戦で対戦して2-0で勝利しました。
最初に申し上げますが、実は「横浜生まれ、横浜育ち」の私は、横浜マリノスのファンであって、サンフレッチエ広島のファンではありません。しかし、今年のJ1優勝チームの広島を日本代表として応援をしています。このチームの監督は、勝負感に優れた監督として尊敬しています。今年のサンフレッチエ広島は、私の予想では世界一勝てる可能性のあるチームだと思います。サッカーは攻めるチーム…攻撃型のチームが勝つとは限らないスポーツです。自軍に引いて守って11人全員がゴール前にずらっと並ぶと点を取るのが極めて難しい球技だからです。相手にゴールをさせずにスコアレスで守りきって、最後のPK戦に持ち込んで勝つというサッカーのパターンをサッカーでは「弱者の戦法」と呼びます。広島は常にその戦法を取るという訳ではありませんが、引いて守るシーンが多く、そしてチャンスとなると一気に攻め上がる変幻自在の戦法に多くのJ1クラブは破れてきました。突然攻めに転じて、予想不可能なところからロングシュートを打つてくる戦術は敵ながらあっぱれと言う以外ありません。
ところで、広島が対戦したオークラド・シテイは、私がニュージランドのAUT大学に留学していた時はアマチュアの人気チームでした。マウント・イーデンにあるサッカー場にバスに乗ってよく応援に行きました。ニュージランドは、ラグビーが国技として人気があり、その当時はサッカーはあまり人気がありませんでした。そのチームがプロのオセアニア王者としてこの大会に参加できたことを感慨深く感じ喜んでいます。がんばれ、オークランド・シテイ・サッカーチーム!
sanfure

深まる広島の秋に

私の住む広島市の街は、市内をいくつかの川が静かに流れ、木々の緑と公園が多い美しい町です。広島市の人々は、それを誇りにしています。それゆえに公園に近いエリアや、川沿いを立地とした市内の高層マンションは人気があり、そこに住むことがひとつのライフスタイルとしてポピュラーになっています。広島市では、9月後半に暑い夏が終わりを告げると、10月の「フード・フェステイバル」が広島城の堀回りのエリアで開催されます。この月末には「ハロウイーン・パーティ」で、若者たちが本通り商店アーケード街や、流川、新天地、横川商店街などに繰り出して、11月には、えびす通り広島三越デパート隣にある胡子神社の「えびす講」が開催されて中心地が多くの買い物客で賑わい、このお祭りが終わると、すかさず百メートル道路(平和大通り)のエリアで「広島ドリミネーション」が開催されます。この頃に、季節が秋から冬に変わっていくことを人々は感じます。12月がやってくるとクリスマスのムードが八丁堀や紙屋町のデパートを中心に漂い始めます。「ジングルベル」や、山下達郎さんの「クリスマス・イブ」の音楽が街に流れます。
今、外国ではテロリスト事件や、シリアからの難民問題、ロシアとトルコの領空侵犯による戦闘機撃墜問題、さらにはアメリカでひんぱんに起きる銃犯罪など、毎日深刻なニュースが飛び込んできます。私たちはこの街から、世界の平和を祈り続けたい思い一杯です。
city-car
 

平和であるいうこと

11月18日から20日まで、広島市では、恒例の「えびす講」が開催されました。このお祭りは、1603年に胡子神社が現在の中区に建立されて以来400年以上続いた由緒正しい神事として、広島の人々に愛されているお祭りです。原爆が投下された1945年にも中断することなく11月に開催されています。この間、広島市中区の、現在の三越デパートえびす通り側のエントランスの横に鎮座される胡子神社の回りでは、熊手が屋台で販売されて、商売繁盛の縁起物として多くの人が購入します。広島の中心地の商店主、商業に関わる人々、地元企業などから多くの賛同が寄せられて、一般の人も多数が参賀します。神社沿いの、えびす通り商店街、本通り商店街、金座街、並木通り、中の棚の商店街や、デパート、パルコ、スーパー、電気店でも大々的な特別ディスカウント・セールが開催されます。毎回15万人以上がおとずれ「えべっさん」と呼ばれている、広島市の秋の風物詩です。数週間も前からこれらの商店街では参道の飾り付けが始まり、まさにお祭り一色になります。えびす講の本祭り夜は、ステージカーを使用しての神楽や太鼓競演なども演じられ、その最中に景品やお餅がまかれます(近年の時勢により餅まきは自粛されているそうです)。ところで、ここで販売されている熊手(こまざらえ)は幸運や金運を「かき集める」ものとして、商売繁盛の縁起物とされているのです。いつまでも、テロや戦争のない未来であって欲しい、平和で人々が安心して暮らせる社会であって欲しいと願う一日でした。
ebisu-san1
 
 
 
 
 
 
ebisu-san2
 
 
 
 
 
ebisu-san3

パリ同時多発テロに思う

Parisフランスのパリで2015年11月13日に起きた残忍凶悪な同時多発テロ事件。特に当日コンサートを行っていたバタクラン劇場では多数の方が亡くなられました。犠牲になられた多くの方のご冥福を祈るとともに、怪我をされた方の早い回復を祈っております。これは人間として、断固として許せない破壊殺人行為です。
世界中で、予想しないことが常に起きています。
私たちは、海外へ旅行するとき、あらゆるリスクの可能性を考えて、危険な状況を予想して準備をし、事件事故を予知して行動する必要があります。外国へ行くと言うことは、怪我や犯罪にあう確率を「高める行為」であるといえるのです。飛行機に乗れば、飛行機事故にあう可能性があります。有名な観光地へ行けば、自分がその場所に行くことで標的に巻き込まれ攻撃を受けることがあります。外国でレンタカーを運転すれば、自動車事故の可能性、ホテルへ宿泊すれば、ホテル火災に巻き込まれる可能性があります。ビーチに行けば、津波が押し寄せてきたり、火山に行けば噴火事故にあうこともあります。雪山に行けば、遭難や、雪崩事故があります。アフリカに行けば、未知の疫病に感染することがあります。中近東に行けばイスラム国に捕らわれる可能性があります。南米諸国では成人が誘拐されたり殺されたりしていることから、それらの犠牲者になることがあります。
実は、こういった危険の可能性を考えてみることで、短期の外国旅行であれば、一定の危険を回避することが可能になります。外国に派兵している国、例えばイギリス、アメリカ、ドイツ、ロシア、そしてフランスの大都市圏の有名な観光地や、人が多く集まるところはテロリストのかっこうの標的とされる可能性があるのだと考えて下さい。

ハロウィーン広島いつまでも

前回、ハロウイーン・パーティ&パレ-ドについてのブログを書いたところ、多くの方々から「広島もすごかったですね」という同感や反響を頂きました。平和都市をめざす広島市の今年のハロウィーンは若者たちで大いに盛り上がったのは本当のことで、これからもそれが長く続き、みんなだ楽しめる催しになることを望んでいます。しかし、アメリカからは驚くべきハロウインについてのニュースが届いています。ハロウィーンの夜は犯罪が多発する日だと警告がなされていることをそのニュースは警告しています。ブログで前述した日本人高校留学生の服部君の事件はその氷山の一角で、実際には、多くのマーダー・ケースが発表されています。例えばサウス・カロライナで2008年におきた12歳の子供が射殺された事件、ペンシルベニアで2012年に起きた仮装少女殺人事件などです。

CNN USA Web News 2012/10/23
(CNN) ペンシルベニア州西部の町で20日夜、仮装してハロウィーンのパーティーに参加していた少女(9)が、親族の男性に散弾銃で撃たれた。少女は22日朝の時点で生死の境をさまよっている。地元警察の調べによると、少女は黒い服に黒い帽子を着けてパーティーに参加。会場の外を参加者20~30人が行き交うなか、丘に隠れようとしていた。その姿を遠くから見た親族の男性がスカンクと間違えて発砲し、少女は首と背中、腕に銃弾を受けた。午後8時すぎで、あたりは暗かった。少女は空路、約50キロ離れたピッツバーグ市内の病院へ搬送され、集中治療室に収容された。警察は発砲した男性を起訴するかどうか、まもなく判断を下すとしている。酒を飲んではいなかっいう。男性の名前や少女との続柄は公表されていない。

アメリカでは、スリや強盗などを含めると、ハロウィーンの夜は多くの犯罪が起きているようです。日本は、先進国の中で、安全水準が高い国だと言われています。しかし時として2008年6月の「秋葉原通り魔殺人事件」のように突然予期できない犯罪が起きたことも事実です。ハロウインの夜は、人混みの中を、武器を持って仮装した悪人が犯罪目的で自由に歩き回るのには格好の状況です。日本も、ある意味、ハロウィーンへ参加する人混みの管理のあり方を考える必要があるかもしれません。
ハロイン
 

ハロウィーンの夜に★広島

今日は10月31日の土曜日です。皆が注目している「2015年のハロウィン・ナイト」がきました。テレビでは、ちょうど東京渋谷駅前の交差点とセンター街(バスケットボールストリート)の様子が放送されています。ハロウィーンのために「怪しく仮装した多くの若者たち」がスクランブル交差点を走り回っている映像が賑やかです。今年は、警察官の増員だけでは間に合わず、機動隊数数百人単位で出動したとアナウンサーが実況しています。実際のところ、ここ近年の3年くらいでハロウィーンの催しは全国的に定着してきた感があります。
さて、エースの広島オフィスが中区八丁堀交差点にあるので、中心地のシヨッピング・ゾーン広島本通りパルコ前に出かけてみることにしました。夜の10時には既に本通りが人で一杯でした。ウエディング・ドレスやテレビゲームのキャラクターなどに仮装した若者が大勢歩道にあふれて、ハロウィーンムード一色になりました。あちこちで記念撮影をするグループも多く見かけられました。クリスマス、バレンタインデー、そしてこのハロウィーンと西洋文化をことごとく自分の国流にアレンジして取り入れる日本人。ビジネスとしても、カボチャ、キャンディ、そして仮装用コスチュームの売り上げが躍進していると予想されます。
hiroshima-halo1hiroshima-halo2