高校正規留学・卒業留学|よくある質問|エース広島

高校留学Q and A エース

高校留学はメリット一杯。高校生留学の費用とプログラムや奨学金を紹介。英語の学力をつけ卒業資格を取り大学受験をサポートする高校留学エージェント。アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・スイス高校留学など

よくある質問/高校正規留学

faq-1
高校留学に英語ができないのですが参加できますか?
英語ができなくても高校生留学に参加できます。エースは、担当スタッフが出発前から英語・英会話の学習相談に応じ、さらに渡航後は現地の英語学校で事前英語研修を行います。留学先のの高校は、英語の補講コースの有るところを候補として手配をします。エースの提供するこれらのサポートで参加者は現在英語が苦手でも問題なく、外国で充実した留学生活が送れます。
海外で困った時は誰が相談に乗ってくれますか?
海外留学先ではエース現地提携先担当者が相談に乗ります。自分の悩み、困りごとや現地生活の不便に際して親切なアドバイスをします。Zoomなどオンライン通信でエースのカウンセラーといつでも話をすることもできます。さらに保険会社の日本語SOSサービスも利用ができ、病気や事故の時も心強いばかりです。世界的ネットワークサポートで安心の高校留学です。
高校正規留学・卒業留学の選考試験について教えて下さい?
英語の筆記テストと面接を行います。筆記テストは、ELTiSと呼ばれるヒアリングとライティングが中心の英語力チエック試験です。面接は、リラックスした雰囲気の中で行われますので心配はいりません。エースの高校留学制度は、多くの生徒のために門戸が開かれています。
現在、日本の高校不登校生ですが留学に参加できますか?
>参加できます。不登校生と呼ばれた生徒たちの悩みを聞いた経験から申しますと、心ない人の言葉で人間不信になって学校に行かなくなったり、誰にもいえない悩みで苦しんだり、先生の一言に傷ついたり、親の離婚や家庭不和で悩んだりという理由によるケースがほとんどです。生活環境を整えて、みんなに認めてもらえられれば自分に自信がもて問題が解消されます。
留学後の進路はどのようになりますか?
単年留学の場合は、留学後は日本の高校へ復学して所属高校により海外単位認定で進級する場合と現学年へ復学する場合があります。複数年度留学の場合は、海外の高校を卒業して「帰国生受験制度」で日本の大学へ進学することができます。高校卒業後は外国の大学や専門学校に進学する生徒もいます。
留学準備の事前研修には参加したほうが良いのでしょうか?
英語に不安のある生徒さんや、事前機会に英語をしっかりマスターしたい方には、現地の英語研修に参加される事を推奨します。英語研修では、英語の「読む、聞く、書く、話す」を中心に授業が行われます。短期間で英会話になれることができるので外国の高校就学には有効な取り組みです。
進路相談や進路指導をしてくれますか?
エースは30年以上に渡る留学生の進学指導を行った実績をもちます。参加者が海外にいる期間中も連絡を取り、参加者の希望する進路の情報を提供します。さらに、エースは、英語教育機関として長年の実績があります。小論文指導や、TOEFLテスト指導も行います。卒業後の進路となる大学の願書取寄せ、その作成や提出準備サポートも行います。
留学先の国や都市、地域の治安はどうでしようか?
アメリカは州や地域により生活の安全状況は様々です。ニュージーランド、アイルランドは特に良好といえます。しかし、どの国も生活の安全というのは一見ではわからない部分があるため注意して生活をするように提言します。例えば、暗くなっての外出や、大金を持って外出などは現金です。自分自身で安全を心がけて生活して下さい。オリエンテーションで外国生活での注意事項を詳しくお話しします。生徒は必ずそれを守って生活することが重要です。
留学費用はどれ位必要ですか?
留学費用はその期間や、留学地域によって異なりますので詳しい費用条件カタログをご請求下さい。各国別、プログラム別に参加要項は異なります。安価に参加できる高校留学プランもありますので、まずはお気軽にご相談下さい。
お小遣いはどれ位必要ですか?
通常お小遣いは、雑費、書籍、交通費、間食代に費やされます。平均的に日本円で月額3~4万円の予算が多いようです。生徒によって、これより少ない場合もありますし、その逆もあります。衣服や書籍をよく購入する生徒は多い傾向があります。
ホストファミリーとうまくいかない場合はどのようにすればよいですか?
参加者は、できる限りホストファミリーと理解を深めて良い関係を構築しそれを維持することが大切です。どこの家族でも、ひとつ屋根の下で一緒に暮らすのは困難な場合があります。ファミリーを変更しても次の家庭が必ずよいとは限りません。 滞在先での状況が困難な場合は、現地担当者に相談をして下さい。話し合いの上でファミリー変更の検討を行います。
すぐに高校留学に参加したいのですが、できますか??
大丈夫です。エースにおまかせ下さい。留学は受け入れ先の手配と、渡航時期のタイミングが大切ですから、できる限り参加者の希望に応じて最善を尽くして手配をします。早めにエースにご相談の上で、この希望を伝えて下さい。
学校休みの間はどのように過ごすのですか?
休みの期間は、参加者は日本に帰国するか、ホームステイですごすか、現地の英語学校へ通うか、保護者の許可があれば小旅行をしすることも可能です。しかし、学年休みの時期は、日本へ帰国されて、将来の進学準備と情報収集に時間を当てるのがよいでしょう。日本では大学進学準備のための学習指導を行います。
アパート生活や自動車の運転はできますか?
アパートでの生活は許可されません。参加者はホストファミリー、又は学校寄宿舎から通学することが義務づけられます。自動車及びあらゆる乗り物の運転は禁止されます。
高校留学先では、何年生に入学するのですか?
所属する学年の判定を 「学年審査」 と呼びます。通常は留学先の高校では、現在の学年からスタートします。基本的に日本の学年の同学年か、進級学年となります。しかし、生徒の成績や受講単位が不足する場合は留学先学校の学年査定によって下の学年からスタートする場合があります。同じ成績でも、留学先によって学年査定は異なります。留学先となる国、現地の教育委員会前例、留学先学校の校長先生によってこの判断基準が異なるからです。
自分の家族がホストファミリーや高校を訪問しても良いですか?
訪問することは可能です。しかし、近年はその機会が減少しています。まずは事前に訪問計画を提出してホストに知らせる必要があります。留学先高校の許可がれば、授業参観や構内を案内してもらえる場合があります。しかし、コロナ禍によりその機会は以前より困難になっています。
高校留学参加は、いつから準備を始めたらいいのですか?
普通は、一年くらい前から準備を始めて下さい。参加希望者はこの時期に最初の留学カウンセリングを受けて下さい。さらに英語学習を徹底しましょう。1年有れば英検準1級や、TOEFL合格が可能です。

お気軽にお問い合わせください!

082-211-1341 営 業 時 間
◎火~金 11:30-19:00
◎土~日 11:00-17:00
◎月曜日 14:00-18:00
●祝日となる月曜は休業

エースLogo