帰国生大学入試や帰国子女受験は高校留学エース

帰国生入試 エース

帰国生入試は条件によりメリットがあります。外国の高校卒業者の帰国子女受験を支援します。英語の資格試験、小論文や出願書類などエース留学センターがサポートします。

帰国生大学入試/帰国子女受験をサポート

faq-1

留学エージェントのパイオニアとして、私たちは長期に渡り帰国留学生の大学進学をサポートしてきました。以前は、帰国子女の特別枠で受験制度を定めた大学は少数でしたが、 社会の国際化とともに日本の大学は多様な受験制度で高校留学帰国生の受け入れを進めています。近年は多くの大学がAO入試を含む帰国生入試を行っています。 同時に、出願をする留学生に求める出願受験は高度になっています。

帰国子女大学入試を活かしましょう

エース高校留学プログラムは、将来の大学進学と国際的な活躍を視野に入れた優れた留学制度なので、日本の大学進学に際して帰国生特別入試を多くの場合利用が可能です。 この「帰国生大学入試」は海外から帰国した高校留学生に、一般の大学入試とは別枠で実施される受験制度なので、大学が示す出願条件に応じた準備を早くから行うことで大学進学を優位に進められます。

帰国生入試に早期準備スタートで対応

帰国生入試が制度として本格的に普及したのは2005年以降で現在は教育の国際化と大学教育の多様化により外国高校卒業者を広く受験認定していますが、 国公立大学は「高校教育課程2年以上の留学期間で、保護者同伴留学である」ことを出願要件とする場合が多いです。出願要件は大学・学部により異なるので毎年の調査が必要です。 例えば、東京大学の帰国受験は3年以上の外国滞在による公正な高校卒業者を要件としています。この制度で大学進学を目指す方は、留学の当初より大学出願条件を意識した就学プランを構築しましょう。
当センターは以下の大学出願に必要な事項を支援します。

1.大学進学の相談
2.大学の選択
3.専攻学科の選択
4.願書の取り寄せ支援
5.成績証明書の翻訳
6.受験計画の作成
7.志望理由書の作成支援
8.英語検定試験の対策
9.面接試験の練習
10.小論文の作成指導

エースの高校留学生の多くは以下の英語資格を取得しています。

◎TOEIC(トーイック)L&R 730点
◎TOEFL iBT 80点
◎実用英検 準1級
◎IELTS Academic Module 6.0

帰国生試験

高校留学は進学実績を考慮にいれて

エースは大学進学ガイダンスを早期より開始し、高校留学生に将来の進路を計画する啓蒙をします。参加者の進路意向を確認して、大学進学に役立つアドバイスを行います。 外国の高校でどの科目を履修するべきか、どの程度の成績を維持するべきか、などを助言して、大学進学に向けて円滑に前進するためのオンラインカウンセリングで 的確な進路指導を継続します。

留学生の希望により、英語資格として必要とされる TOEFL iBT、TOEIC、英検、IELTSの模擬テストを随時行います。大学毎に要求される英語検定スコアは現在非常に高く、 例えば英検準1級(国立大学出願)~1級レベル(有名私立大出願)のケースも増えています。大学によりSAT、GCSE、HSC、NCEA、IBがの高得点が求められるのでしっかり準備を行いましょう。 エースの高校留学生は、これら資格テストで上位の点数を確保しています。

留学帰国生の大学受験の現実

参加者の方は、高校留学を行う前に具体的でないとしても、高校卒業後の進路、日本に帰国して大学進学するか、海外の大学に進学するか、 TAFEやポリテクなどに進んでプロフェッショナル技術学習をするのか…位は考える必要があります。自分の目標とする進路によって高校留学中に準備すべき点が異なるからです。 日本の帰国生入試は、一般生の受験と別枠で実施されます。「帰国生特別入試」や「帰国子女選抜試験」と称されるこの制度対策は留学を開始する時からスタートをすることが成功の秘訣です。

帰国生大学入試の最新情報

帰国生の大学受験は、帰国生入試のほか、AO入試、自己推薦入試もあります。私立大学より国立大学の方が合格定員数が少なく、入学時期は9~10月入学と4月入学の2時期が設定されています。 秋期入学は書類選考中心で、小論文試験による帰国枠と別入試枠となっています。国際基督教大学(9月入学)、上智大学国際教養学部、早稲田大学国際教養学部などの大学は願書の締切が12月~4月に始まり 入学結果が1~8月頃に発表されます。

帰国生対象の試験として、早い時期に開催されるのは筑波大学(2学期推薦)で5月に出願して7月に一般試験型筆記入試があります。4月入学制では、早稲田大学、慶應大学、 上智大学が9月に帰国枠入試を開始しています。これらの入試準備には書類を揃えるのに時間がかかることが多いので、出願1年以上前にこの準備を始めます。

帰国生入試は一般入試と比べて倍率が高くなく、併願が可能なので簡単に合格できるように錯覚しがちです。確かに2010年頃迄は、 帰国生入試の受験生が多くなかったので成績が低い生徒も上位大学に入れた例はありました。しかし、大学入学後に「日本語が理解できず論文が書けない」 「日本の一般教科の理解不足」で大学で落第する留学帰国生が相次ぎました。現在は、出願に際して、

1.推薦状
2.願書の作成記入
3.志望理由書の作成
4.海外活動報告書

理由書

これらの作成準備と、受験時の日本語の課題小論(大学専攻と社会通年上の関連理解力)や、英語エッセイ(I.B.C 型で自分の意見を述べる英作文)の学習準備が必要になります。 面接も重視されるので、発話口述で、しっかりと意見を言える練習が必要になりました。

国立大学と私立大学の帰国生受験率

国立大学の受験を準備は、入試期間が半年以上に渡る場合があり、一般大学受験の厳しさから考えると帰国生入試が有利であるのは間違いがありませんが、 帰国生入試で実施される小論文と英語試験は、高校時代の学習成果が総合的に問われることから十分な準備期間が必要です。入試倍率は低いのですが、首都圏の人気大学の競争は厳しい状況が続いています。 全国では帰国生の出願者が皆無(競争率0%)の大学が相当数ある一方で、上智、立教、東大、一橋大などの有名大学は人気があります。

外国高校の成績が重視され、統一試験で上位成果を求める大学も増えているので、短期的な入試準備だけで上位大学合格は難しくなりました。 理系希望者は留学先と日本のカリキュラムの違いが入試で大きな障害となります。近年、日本の多くの大学の出願資格として、留学先国での正式な大学進学検定資格を要求しています。 例えば、ニュージーランドではNCEA、オーストラリアのHSC/SACE、イギリスのGCSE、アメリカのSATなどを示します。 2015年以降は、上位の大学出願については、留学先国の最終学年の国語としての英語(Grade12/Year13-English)や、数学修了が条件となりました (※カナダBC州のコミュニケーションでは不可・NZ_AUSのYear12-ESOLでは不可)、SAT・ACT・GCSE・IB提出など大学により細かく制定されています。

ACE帰国生大学受験コース受講者談

30年に渡る留学生の大学進学指導実績!大学受験は「信頼のエース」におまかせ下さい。

カナダ帰国生大学受験
「塾のない外国の高校生活は不安。エースの大学進学サポートに感謝」

尾崎章也君・カナダ・ジョンオリバー高校卒業
青山学院大学/経済学部合格

留学先のバンクーバーの高校ではブリティッシュ・コロンビア州の制度で留学生も必須単位が細かく定められていました。 三年間で高校を卒業するために、学年単位を早期に確定する必要がありました。エースから「カナダの高校成績が帰国生受験で重視される」 と助言されたので高校の成績GPAの高平均点の維持に努めました。進学希望大学の青学なので、出願にはTOEFL61点を超える必要がありました。 エースのTOEFL対策指導を早期から受けたのでこのテストで高得点を取れました。青学の入試は日本語小論文もあるので、 学部の専攻内容を含んだ題材で記述練習を何度も繰り返しました。エースの講師から小論文は「説得生と論理性を重視して、600字以上の三論方式で簡潔に仕上げる」 とのアドバイスを受けたので、これに注意しながら文章を書き直しては添削を受けました。 エースの通信教育と大学進学サポートのお陰で難なく大学に合格することができました。講師の熱心な指導に感謝をしています。


オーストラリア帰国生大学受験
「TOEIC780点を獲得、小論文A判定帰国生特試の利用で余裕」

高田穂乃香さん・オーストラリア・ケンモア高校卒業
立命館太平洋アジア大学/アジア太平洋学部

オーストラリアの高校の勉強内容は実践的ですが、そのまま日本の大学受験に役立つものではありませんでした。 留学先のQL州は移民家族の子女が多いこともあって、高校の英語授業は「話すこと、自分の意見を言うこと」に重きがおかれて、 英文法や英作文の授業は日本の高校とは内容が異なりました。そういう学習事情から、国際郵便で届くエースの通信教材が私の励みになりました。 「英文法・TOEIC長文読解、漢字書取・日本語作文」が組み合わされた教材だったので、毎日計画的な勉強ができました。 私は高校卒業後に日本の大学に進学して交換留学でアメリカの大学に行く目標を持っていました。その理由から国際交流が盛んな立命館太平洋アジア大学を選択しました。 帰国生入試B方式を選択したので、英文エッセイの習得に注力しました。 この勉強では、エースの通信教育のクライテリオン英作文添削指導が役立ちました。 エースの充実した進学指導を受けられたので、安心して大学受験に臨めました。

現在までの出願合格大学

パンフ

・甲南大学
・神戸学院大学
・京都外国語大学
・京都産業大学
・同志社女子大学
・佛教大学
・日本大学
・岡山大学
・広島女学院大学
・広島修道大学
・安田女子大学
・立命館アジア太平洋大学
・龍谷大学
・宮崎国際大学
・国際教養大学(AIU)
・広島大学
・近畿大学
・宇都宮大学
・筑波大学
・千葉大学
・県立宮城大学
・大阪府立大学
・熊本県立大学
・麻布大学
・亜細亜大学
・神田外語大学
・神奈川大学
・学習院女子大学
・國學院大学
・駒澤大学
・実践女子大学
・聖心女子大学
・専修大学
・津田塾大学
・東京工芸大学
・文教大学
・フェリス女学院大学
・武蔵大学
・明治学院大学
・愛知学院大学
・椙山女学園大学
・中京大学
・名古屋学院大学
・南山大学
・松山大学
・山口大学
・上智大学
・国際基督教大学(ICU)
・早稲田大学
・慶応義塾大学
・中央大学
・法政大学
・東京外国語大学
・明治大学
・名古屋外国語大学
・立命館大学
・同志社大学
・関西大学
・関西学院大学
・女子美術大学
・玉川大学
・長崎大学
・他

お気軽にお問い合わせください!

082-211-1341 営 業 時 間
◎火~金 11:30-19:00
◎土~日 11:00-17:00
◎月曜日 14:00-18:00
●祝日となる月曜は休業

エースLogo