UKiset の登場

UKTest英国中等教育課程(日本の中高等学校レベルの教育機関)への進学英語能力適正テスト UKiset(ユーケー・アイセット)が昨年より発表され、昨日、日本の英国教育省の出先機関 British Council で紹介されました。このテストは、主にイギリスの私立高校、ボーデイングスクール(寄宿舎制高校)への英語能力入学適正試験として開発されて、2013年よりインターネットを利用したオンラインテストとして運用が開始されて、世界的な広がりを見せています。テストの対象者は英語を第二言語とする10才~17才の学生で、イギリスの中等教育課程に留学を目指す生徒の能力適性を計ります。試験の時間は約2.5時間で、英語の「読む、書く、聴く、話す」に加えて、「英国学校の学習適正」を計る5つのセクションで構成されています。英国の教育財団 Gabbitas Education により企画されて、ケンブリッジ大学語学センターによって開発された背景から、IELTSのテスト形式に相違するパターンのテストです。ライティング・セクションは自分の意見を英作文形式で述べなくてはならないために、この年代の日本の生徒には極めて難しい取り組みといえます。従って、このテストを受験するためには、少なくとも日本のインターナショナル・スクール等で専門的な英語教育を受けているか、または UKisetの受験対策指導を特別に受けて受検の準備を行う必要があります。日本では、東京の British Council で受験料£160(変更の可能性有り)で予約受検ができます。今後の見通しとして、イギリスの高校留学は、このテストの普及によって難しくなることが予想されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>