アメリカ公立高校交換留学

koko-kokan

アメリカ高校交換留学は国際文化交流

アメリカの高校へ1年間留学して現地の高校生と交流を行い、ホームステイ体験で英語を身につけるエースの異文化交流には毎年多くの生徒が参加しています。エースは、このプログラムのパイオニアとして長年に渡って留学生をアメリカに派遣してきました。

アメリカ政府が定めた”Criteria for Teenager Exchange Visitor Program” に基づいて実施される米国高校生交換留学制度は1982年にレーガン大統領が「国際青少年交流計画」を推進したため、近年この留学プログラムが拡大されて参加者が増加してきました。高校生交換留学の主旨は、これからの時代を担う各国の若者に、アメリカの学校、家庭、社会を体験させることによって、より深い国際相互理解を促して各人の将来価値観を高めようというものです。

高校交換留学プログラムの特徴

・米国国務省の指導でJ-1ビザが発行され1年迄の滞在が保証されます。
・受入奨学財団選定の公立高校で規定に応じ米国人生徒と共に就学します。
・滞在先は受入奨学財団が依頼したボランティア(無報酬)ファミリー宅です。

エース留学センターのアメリカの受入奨学財団は、米国連邦政府、国務省、アメリカ国際交流局から認定された非営利文化交流団体です。受入機関は世界各国からの学生がアメリカ公立高校交換留学プログラムに参加できるように米国内各地にコーデイネーターを配置しています。コーデイネーターは各地域で留学生を受け入れるホストファミリーや公立高校と密接に連絡を取り受け入れ手配を進めると共に、海外からの高校生がスムーズにアメリカ社会に順応できるようにカウンセリングを提供しています。

米国公立高校交換留学の募集要項

highway1
●10ヶ月プラン:
留学期間:2018年8月~2019年6月
●5ヶ月プラン:
留学期間:2018年8月~2019年1月
または:2019年1月~2019年6月
※10ヶ月プランで米国英語研修へ参加者は7月上旬出発予定

●申込締切日
・8月入学プラン:2018年3月10日
・1月入学プラン:2018年8月10日

◎留学先:米国の受入奨学財団が指定する地域の公立高校(ハワイ州、アラスカ州を除く)
◎交換留学応募資格:渡米時に19歳未満であり、
過去3年間の総科目平均点が5段階評価で3以上の 中学3年生、高校生、高専生。
心身共に健康で勉学向上心があり、協調性が高く国際交流に関心のある者。
◎高校交換留学制度(米国の受入制度・日本国内の審査と手続き・出発後の管理を含む)に対して保護者と日本の在籍高校から同意が得られる者。
◎申し込み方法:出願書に必要事項をご記入の上で、現学年の通知表コピーを添えて当センターへご持参、又は郵送下さい。 同時に選考料10,500円を持参か指定銀行口座へお振り込み下さい。

奨学金と奨励制度のご案内

このプログラムは以下の早期申込奨励制度と、成績優秀者奨学金を定めます。

●早期申込の奨励制度によるプログラム費用
1)全員対象
2)本制度参加費用(2018年8月発10ヶ月留学プラン)
・2017年 9月30日迄の申し込み:920,000円
・2017年12月28日迄の申し込み:940,000円

●成績優秀者に対する奨学金
1)募集人員:5名
2)支給金額:50,000円
※奨励制度と奨学金は二重で利用が可能です。詳しくはお尋ね下さい。

●エース高校留学内容
1)留学地区:アメリカ合衆国各地
2)留学期間:8月より翌年6月まで
3)奨学金と特別奨励金は併用で支給可能です
※奨学金、及び奨励金の内容詳細につきましてはパンフレットをご請求下さい。

教育ローンの高校生留学への利用

us-flag日本政策金融公庫で実施する国の低金利「教育ローン」を米国高校生交換留学プログラムに適用することが可能です。詳細は最寄りの日本政策金融公庫に参加者より直接お問い合わせ下さい。

《日本政策金融公庫相談センター》
東京:03ー3242ー8739 広島:082-244-2231 名古屋:052-222ー8739 大阪:06ー6541ー8739
ホームページ:http://www.jfc.go.jp

アメリカ高校生交換留学プログラム費用

このプログラムは以下の費用及び当該費用条件によるものです。

・10ヶ月プログラム:990,000円
・ 5ヶ月プログラム:890,000円

●高校生交換留学プログラム費用に含まれるもの
・米国受入団体のプログラム維持費用及び当社の留学手続費用
・日本国内オリエンテーション費用
・留学先でのローカルコーディネーターの留学生活指導
・留学期間中に発生する米国受入財団と担当ローカルコーディネーターの定時連絡と事務経費
・留学先での現地滞在費、食事代(昼食費は留学生負担の場合があります)は、ホストファミリーにより無償で提供されます
・当プログラムに参加される留学生の公立高校の授業料は免除されます

●高校生交換留学プログラム費用に含まれない費用
・海外傷害保険料
・出発に際してのパスポート、ビザ取得に必要な費用
・日本国内での出願、選考試験、オリエンテーション時の交通費
・学校の教材費、文具費、各種行事(遠足、パーティー等)参加費用
・留学期間中の通学費、昼食代(ホストファミリーにより提供される場合もあります)
・通信費(電話代)、おこづかい等の個人的費用(約$300/月が目安)
・海外傷害保険は、特別事情のない限り管理都合上、当社で手配させていただきます
・生徒の問題発生時、退校勧告、警察問題発生時の学校・滞在先などとの通信事務には一回の連絡事務に10,500円必要です
・現地請求のドル建て代金(滞在先で使用の電話代や立替金等)は請求日TTSレートに5円を加算した料率で換算して請求します
※詳細はパンフレットをご用意しておりますのでご請求下さい
※海外通信教育はオプシォンですので希望の方は別途お尋ね下さい
※締め切り後の申し込みも緊急手配費用条件により受け付けております

kokan_qa160

アメリカ交換留学プログラムの流れ

Step 1
無料カウンセリングにお越しいただくか、電話・メールにてご連絡下さい。お問い合わせに際してアメリカ高校生交換留学の資料をお送りします。パンフレットをお読み頂き、本高校生交換留学プログラムの趣旨と内容をご理解下さい。
【ご不明な点がありましたらいつでもお問合わせください】

Step 2
申込みされる方の選考試験を行います
【選考試験】面接、英語の試験

Step 3
選考試験の合格者には出願書類を作成して頂きます
出願書類作成、 出願料、申請書、予防接種証明、成績証明、先生の推薦状、写真など

Step 4
スポンサーである米国側の非営利団体より高校生交換留学生としての受け入れ許可証受領
【合格通知】プラグラム代金の支払

Step 5
渡航のタイミングを考慮に入れながら、訪問者ビザ(Jビザ)取得に必要な最新情報によりして、
ビザ取得の手続きを支援します
【学生ビザ申請】アメリカ大使館査証部

Step 6
ホストファミリー、アメリカ高校交換留学先の公立高校決定
留学先決定後に お土産、持ち物の準備
※受入先の決定は出発時期前後になる場合があります

Step 7
海外留学生保険の加入手続き
海外渡航手続き
航空券の手配
コーリングカードや通貨カードのご案内

Step 8
出発前の最終オリエンテーション
【出発当日】忘れ物のないようにしましょう。さあ出発です!

Step 9
現地で病気にかかった場合の保険請求事務の対応
緊急時の対応(参加者入院事故などの場合は保護者にアメリカ現地に行って頂く場合があります)
保険加入により現地保険会社24時間日本語サービス、キャッシュレス診療の利用が可能です。

留学終了後の日本の高校復学について

日本の高校への復学については、もとの学年に戻る場合と進級での復学扱いになる場合があります。これは、公立高校では地区の教育委員会の留学生復学規定や、私立高校の場合は現在までの留学者の復学事例によって各高校の校長先生の判断によるものです

sanka_b

kokanchart
※アメリカ交換留学生受入団体は変更される場合があります。

koko-notice

サブコンテンツ

東京-岡山-福岡-広島-福山-山口-香川-愛媛-島根で留学説明会開催

英語合宿

このページの先頭へ