ELTiS対策コース開催★エースで開催しました

ELTiS(English Language Test for International Students)はアメリカの高校の授業を理解するのに必要な「聴き取り能力」や「読解能力」があるかどうかを判断する英語力判定テストです。SLEPに替わる新たな英語力判定テストとして2013年にCSIET(The council on Standards for International Educational Travel:国務省が認可した高校生交換留学プログラムの実施団体について毎年の運営状況を評価している組織)が採用しました。まだ今までのSLEPを使用している団体もありますが、これからはこのELTiSに替わっていくと思われます。

このテストは文法・語法や長文・会話の理解に加え、グラフを読み取るなどの数学や科学の内容も英語で理解する必要があります。

問題は「リスニング(聴き取り能力)」と「リーディング(読解能力)」の2つのセクション(合計50問、約70分)で構成され、全てマークシート形式で100点~300点の範囲で採点されます。団体により70%~を要求されます。

・リスニング(24問 約25分 3択):

Part 1(4問): Follow Class Room Directions(写真を見て先生の指示は何かを答える問題)
Part 2(4問): Comprehend Mathematical Language(英文を聞いて計算式を答える問題)
Part 3(9問): Understand Classroom Dialogue(教室での対話を聞いて設問に答える問題)
Part 4(7問): Listen and Respond to Academic Lectures(授業を聞いて設問に答える問題 )
*Part2は2回再生され、それ以外は1回のみ再生されます。

・リーディング(26問 約45分 4択):

Part 1(7問): Demonstrate Vocabulary Knowledge(空欄補充、語彙力問題)
Part 2(4問): Read a Graph(グラフを読む問題)
Part 3(15問): Read and Respond to Academic Texts(教科書を読んで対応する問題)

ELTiS公開参考問題:下記URLをブラウザーにコピペしてお試し下さい(約30分)。

http://www.eltistest.com/practicetest/

エースは短期間でスコアアップを図り、さらに海外生活で十分に通用する英語力を養成します。海外の高校留学にエースは長年の実績を誇っています。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

東京-岡山-福岡-広島-福山-山口-香川-愛媛-島根で留学説明会開催

英語合宿

このページの先頭へ