ヨーロッパの高校留学

euroswiss

スイス高校留学

ヨーロッパには「インターナショナル・スクール」と呼ばれる寄宿舎制の国際色豊かな私立高校があります。その多くは「IB…インターナショナル・バカロレア」(国際高校学力基準)に合わせた教育を行っています。特に、スイスには多くの学校が開校されています。スイスはヨーロッパ中央に位置する恵まれた立地条件で、フランス語、英語、イタリア語他言語で、永世中立主義を掲げ金融業と観光業を中心とする国家です。教育も国際的な基準のカリキュラムが組まれています。高校では、英語での高校一般教科学習とフランス語やイタリア語の語学学習を平行して行います。国際的人材の育成を目的として、ヨーロッパのエリート・ファミリー子女たちに、質の高い英才教育を提供しています。

TASIS タシス国際高校

TasisSwissスイスとイタリアの国境の湖、ルガーノ湖に面したルガーノの丘、モンタグノラ地区にTASISアメリカン・スクール・スイス高校は美しいキャンパスが広がります。ルガーノは、スイス屈指の保養地として知られる美しい町で、1956年に、この地にフレミング女史によって「国際的な教養人の育成」理念のもとで開校されました。7つの建造物が広いキャンパスに整然と建てられています。この高校では、ヨーロッパ全体を学問学習の場としてとらえ、広い見聞知識を習得すること、文化活動やスポーツ活動に参加して国際社会へ貢献できる人間として養成することを目標とした教育を行っています。アメリカの教育制度を取り入れて英語による授業と単位制度を基本としますが、最上級2年間ではI.B.をカリキュラムの中心としています。多言語教育によって、イタリア語、フランス語の語学教育にも力を入れています。キャンパスの中にある寄宿舎で生徒は寝食をともにします。留学生は、ヨーロッパ諸国、アフリカ地域、アジア地域、中近東地域から来ています。遠足ではヨーロッパ諸国の有名地を訪問をします。姉妹校がイギリスのロンドンにあり、優秀な高校として世界的で有名です。
・7年生から12年生までの6年制(日本の中学1年~高校3年)
・生徒数 約300名 男女共学

College de leman コレージュ・デ・レマン

collegeDeLeman国連のヨーロッパ本部や、各国の外交部機関、さらに国際金融機関の組織などの集中するジュネーブ。この都市の中心地から10キロ郊外の住宅地にコレージュ・デ・レマン国際高校はあります。緑の木々に囲まれる広々としたキャンパスには、幼児部、小学校、中高等部の建物が整然と並んでいます。この学校は、1960年に国際都市として急速に発展して、それに伴い増加する海外駐在員の子女教育のためにスイス教育省の要請のもとで、教育者として著名なクリバ氏によって開校されました。生徒はアメリカ人が大半をしめるために、アメリカの教育制度を中心にしています。さらにI.B.も取り入れ、ヨーロッパの教育制度に対応できる授業を行うのが本校の特徴です。従って、英語による授業を基本としますが、フランス語圏の生徒のためには、フランス教育セクションも設けられています。もちろん、イタリア語、ドイツ語、スペイン語などの語学教育も充実しています。日本人にも人気があり、常時50名程度の日本人小学生~高校生が学生生活を送っています。留学生は全員が寄宿舎での寮生活滞在です。
・幼児部~12年生まで
・生徒数 約1200人 男女共学

Austria-American School ザルツブルグ/オーストリア

Zal-schoolオーストライアのザルツブルグは音楽家モーツアルトの、生家のある町として有名です。映画サウンド・オブ・ミュージックの撮影は、この町で行われました。この町は、オーストリアでウイーンに次ぐ第2の都市です。伝統的な中世王室の建物が中央に広がり、その傍らをドナウ川が静かに流れる美しい町として、年中多くの観光客が訪れています。1977年に、この都市に住んでいるアメリカ人子女のための高校として開校されました。国際化が進んだ近年は、町の魅力とともに世界中から多くの生徒が留学をしてくるようになりました。学校は、ザルツブルグ郊外の、緑の木々に囲まれた住宅地にあります。こぢんまりとしたクリーム色のヨーロッパ調校舎が、美しく、とても印象的です。この建物の中に教室と寄宿舎があり、生徒はここで生活を送っています。この学校の教師と生徒は仲が良く、常に生徒全員に教師の目が行き届くアットホームな雰囲気で授業が進められています。アメリカの教育制度を取り入れ英語での授業を行っています。体育の授業は、ザルツブルグ・スポーツセンターの施設で行います。
・7年生から12年生までの6年制(日本の中学1年~高校3年)
・生徒数 約130名 男女共学

国際バカロレア資格=I.B.(International Baccalorea Diploma)

ibac-d国際バカロレアは、国際教育推進にもとづき、インターナショナルスクールなどの卒業生に、世界各国での共通大学入学資格を与えて、大学進学への道をひらく制度です。1968年に発足したスイスのジュネーブに本部を置く国際バカロレア機構が認定する国際高校修了資格を示します。日本からの中学・高校留学生は通常、 MYP (Middle Years Programme:中等教育プログラム-15歳まで) 、 DP (Diploma Programme:ディプロマ資格プログラム-16歳~19歳)の資格を取得します。DP課程を修了して、IBテストに合格することで、この資格を取得できます。日本においても昭和54年に文部科学省が大学入学に関し高等学校を卒業したものと同等以上の学力があると認定した資格です。教科は、言語学A、言語学B、社会科(3教科)、理科 (3教科)、数学、アート(3教科)、情報科学、体育(予備科目)が指定され、最終試験では英語小論文(3000wd)がこれに追加される極めてレベルが高いカリキュラムです。

サブコンテンツ

東京-岡山-福岡-広島-福山-山口-香川-愛媛-島根で留学説明会開催

英語合宿

このページの先頭へ