高校生を英語で育てる

つい先日、広島のローカルテレビ番組で、留学と国際活動が盛んなことで有名な地元の高校をアナウンサーが訪れて、その高校の国際科の生徒にインタビューをするという番組が放送されました。

その番組内で、「あなたは将来どんな職業に就きたいですか」、
「あなたの高校の特徴は何ですか」という質問に続いて
「あなたの街の自慢は何ですか」という質問に対して、アメリカの高校留学を目指しているという女子高校生がすかさず、
「スポーツで夢を見られること。広島には、全国に誇れる野球チームやサッカーチームがあることが自慢です!」と答えました。その高校生は、地元の名門校である「広陵高校や県立皆実高校」の名前を含んで話をしました。

ところで、広島のプロ野球チームですが、将来有望な若い選手が懸命のプレーで活躍をして、ファンの人々に大きな感動や希望を与えています。最近は、全国的にもファンが増えてきました。この球団には、高校卒業後に入団してきて、練習と努力を重ねてレギュラーを目指す選手も多くいます。実際に、チームの中心打者が何年か前まで高校生だったという20才そこそこの才能豊かな若者であることが、ファンにとって大きな魅力になっています。

さて、高度な英語をマスターして活躍するのも同じことで、今訪れた国際時代に、英語を駆使して世界という大きなステージに立つのは、それは夢であり、希望であり、目標であるとえます。英語や留学においても、大きな成果を出すのには地道な勉強を続けることが大事です。

何事に対しても適応性に富む中学生、高校生、大学生の時にこそ、英語に親しみ、海外を訪れ、留学や外国での研修を積み成長をすることは、留学生本人、英語学習者本人、それを支える先生や家族の方々にとっても感動的なことだと言えるでしょう。

ところで、このブログを書いている私と私の家族は横浜ベイスターズの熱烈なファンです。来年は優勝目指せベイスターズ!!

hiro-plate

写真は広島市のバイクナンバープレート
毎日新聞デジタル提供 2017-9-6版