広島の高校生は野球好き

高校留学を準備中の高校生を集めて、アメリカ高校交換留学ガイダンスを広島市のエース留学センターで開催した敬老の日の9月18日、その日の午後に突然、八丁堀交差点の付近で大きな歓声が上がりました。甲子園球場で開催されていたリーグ戦に地元のプロ野球チームが勝利して優勝をしたとのことです。

そこで、この留学ガイダンスに参加しているメンバーの国泰寺高校、舟入高校、女学院高校、なぎさ高校、山陽高校の高校生と優勝をお祝いする本通りの人混みの中に出かけることにしました。既に並木通り、中央通り、そして紙屋町方面まで赤いユニフォーム姿の人であふれ返っていました。高校生たちも、さっそく人々の長い列に並んで、祝勝ハイタッチの行列に加わりました。

ところで、私自身は横浜で生まれで進学先の高校も大学も横浜市、生粋のハマッコです。プロ野球は横浜DENAベイスターズの筒香選手、サッカーは横浜F・マリノスの中町公祐選手の大ファンです。今は、留学のカウンセラーとして広島で過ごすことも多いのですが、広島でプロ野球を観戦するときは、マツダ・スタジアムのビジターパフォーマンス席側からベイスターズを応援しています。ベイスターズは、監督がアレックス・ラミレスさんで、その人柄通り「明るく陽気で、国際都市横浜に相応しいチーム」だと思っています。

しかし、広島に来ると、とにかく市内が赤い色が多いのに驚きます。広島駅前から出るタクシーや市電にも赤のものがあれば、赤い地元プロ野球チームのユニフォームで仕事をしている店員さん、会社員さんもいて、これがこの町の個性ということで納得しています。

もう一度申し上げますが、私は、横浜DENAベイスターズのファンです。

hiroshima-03

hiroshima-02

hiroshima-01