太陽公園を訪問して

今回は、高校留学や国際教育に関する内容から離れたお話になります。

先日、姫路市で開催された英語研修会の後に、エースのスタッフ皆で立ち寄ったテーマパーク「太陽公園」のことを書きたいと思います。

姫路城から、タクシーで35分位西に走ったところにある峰相山の山頂に、突然ヨーロッパの古城が現れました。それはとても立派で、リアルなものでした。デイズニーランドにあるシンデレラ城も感動的でしたが、太陽公園のお城は、ドイツの「ノイシュヴァンシュタイン城」そっくりに作られているとのことで、その壮大さは一見の価値がありました。この「白鳥城」には、公園内の専用モノレールか、山道を徒歩で登って行くことができました。

太陽公園にはこの「白鳥城」をメインとする「お城のエリア」と、石で作られた建造物や遺跡、石像を多数設置した「石のエリア」がありました。石のエリアには中国の「万里の長城」や、千体の兵馬俑が発掘された現場を忠実に再現した「兵馬俑鋲」の展示館があり、その本物感には驚くばかりでした。フランスの凱旋門やピラミッドなどもあって、見所満載の公園で、世界の有名な観光地を姫路で体験することができるとの触れ込み通り、1日を楽しく過ごせました。

この太陽公園は、福祉のための施設とのことで、敷地内には特別養老院や授産場の建物がありました。ぜひ今後、関西方面に行かれる皆様に立ち寄って頂きたい観光地です。

taiyo-pk

太陽公園の入場券

 

 

 

 

taiyo-pk1

太陽公園のパンフレット

 

 

 

 

 

 

 

 

taiyo-pk3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

taiyo-pk2