前田健太選手が教えたこと

広島東洋カープのエース・ピッチャー「マエケン」こと、前田健太選手。彼がアメリカ・メジャーリーグ西海岸の人気チームであるドジャースと結んだ契約は、一部のファンや彼を送り出す日本のプロ野球機構の方々から見れば、決して満足な内容ではないかもしれません。それは、今までの日本の実績有る投手がメジャーへ行った時の契約金や年俸より相当低いこともあり、それについては日本のテレビや、アメリカのスポーツ紙でも報じています。

でも、前田選手は前に進んだ。夢に掛けた。これは大事なことだと思います。

これは私の個人的な意見ですが、就職先、スポーツなどの所属先を選ぶのは、年俸ではなく、その企業やチームが自分を必要としてくれるかどうか、そこに自分の活躍の場があるかどうかだと思います。
「読売ジャイアンツしか行かない。ニュヨーク・ヤンキーズしか行かない。人気の有るチームにしか行かない。給料が良くなければ行かない。という選手が多い中で、チャレンジの気持ちを持って、夢を追いかけることが若者には重要です。

自分の就職した企業や、チームで努力をして結果を出せば、お金も名誉も後から自然とついてきます。若さとは、可能性と未来があるということ、チャレンジをする気概があるということです。

マエケンは広島では、子供野球教室や、学校訪問にも他の選手といっしょに気さくに応じていました。昨年の彼の手作りTシャツは勝数だけ作られましたが、ファンへの思い出深い記念になりました。