アメリカの医療システム

kyukyuアメリカで事故や病気発生時の通報先とその治療費用について今回はお知らせしたいと思います。緊急、消防、警察は全て911番で通報します。アメリカでの緊急時は ”Help!Call911“と言います。911番に電話すると、緊急センターにつながり
・911. What’s the location of the emergency? (そこの住所は?)
・What’s the emergency there? (どんな緊急事態ですか?)
・What’s your name? (あなたの名前は?)
と聴かれます。そこで救急車を要請すると救急支援会社へつながります。
アメリカでは救急車は有料で、現場への距離、時間帯、救急隊員の人件費などの費用がかかります。最低でも$2000(日本円で20万円位)は必要になります。以前このブログで書きましたが、アメリカには日本のような国が運営する医療保険制度がありません。実費診療が基本なので医療サービスはひとつの贅沢品といえます。通常の病気診断と治療を受ける場合は、病院(英語のHospital は入院施設と検査設備を持った医療施設を意味します)に行くことはほとんどありません。まず、地域の総合医 GP(General Physician)の診断を受けます。GPは全ての病気の知識を持っているので、その種類や状況によってスペシャリストと呼ばれる専門医を紹介します。GPの診察は診てもらうのに$200以上、処方箋料$100以上、薬は処方薬局で実費購入するため $50~$100必要です。従って、風邪で発熱して医院にかかる場合はごの合計額が必要です。病気で入院治療を必要とする場合は、高額な入院費が必要です。病院の病棟の部家代金は、ホテルのスイートルーム位の費用が相場とされ、1泊食事付きで $1000以上のため、アメリカ人は入院を嫌います。入院しても3日位で患者の意志で退院します。さらに手術費用が高額で、盲腸の手術でも$8000必要なので、この病気で3日手術入院しただけでも$12000はかかる計算になります。
歯科医の治療費も診察料と治療技術料がかかるために1回の治療費は$1000を超えます。そのためにアメリカ人は自分で歯を抜く人もいます。また、お金が無くて歯科医にかかれず虫歯を悪化させる人もいます。メキシコに近い地域に住む人は、わざわざ国境を越えて物価の安いメキシコで歯の治療をすることも珍しくありません。怪我の外科手術は、それだけで$5000が医療相場の単位とされています。
高校留学生持ち物の怪我、病気、持ち物の紛失や盗難など、1年間の長期滞在中に何らかのアクシデントに見舞われる確立は低くありませんが、これらは渡航前に加入する海外留学生保険でほとんどがカバーされるので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>