アメリカ大統領選に思うこと

 アメリカの大統領選挙候補者選挙で、トランプ氏が思わぬ快挙を遂げていますが、この選挙は終盤にどのような結果になるのか今だ余談を許さないところです。

 先日、この候補者選挙から撤退を表明された共和党のジェフ・ブッシュ氏のおひざ元であるテキサス州での銃所持がクローズアップされました。ブッシュ氏は2003年、全米ライフル協会からライフルを贈られ、この組織の全国大会で演説も行いました。全米ライフル協会は多くの会員を持ち、選挙において影響力を持つ団体です。今年2月16日にはツイッターで「ジェブ・ブッシュ★USA」と刻印された銃の写真を掲載しました。このツイートが批判を浴びたので一転、「銃工場で働く人々を守ろうと考えたのだ。ツイッターに投稿したのは自分ではない」と釈明をしました。
 
 アメリカでは、憲法で銃の所有が自衛権として認められています。そして、テキサスは西部開拓の歴史の中で、カウボーイとインデイアンとの激しい戦いがあった場所としても知られています。

 問題は、留学生の生活の場である大学内でも銃を持っている生徒がいることで、それを規制することが相当に困難だという現実です。大学では学則によって、銃の持ち込みを規制しようと取り組むも、その銃規制規則が憲法に違反するという意見が、キャンパスの治安を守ろうとする大学側を悩ませています。実際に大学内での銃の発砲事件は後を絶たず、毎年アメリカのどこかで起きています。銃を所持してなければ殺人まで至ることはなかったケースも多いと思われるので、せめて学問の場では何らかのルールが必要と思われます。