TOEIC変更でのSLEPテスト

TOEICテストを主催するIIBC、通称TOEIC委員会は、TOEICテストを世界的な英語コミュニケーション能力テストとして充実するために、2016年5月29日の公開公式テストから新しい出題形式にすると発表しました。このテストには、英語・英会話の世界における、日常やビジネスシーンの英語によるコミュニケーション方法が反映されるものとなります。

TOEICテスト変更理由については、テスト研究・企画作成するETSのTOEIC担当セクションは、以下のようにアナウンスをしています。

「英語の使い方は日々進化、変化します。その劇的な変化に合わせて、テスト問題も進化し変化させる必要があります。TOEICテストが、現在使われている英語を反映し、そして受験者が必要とする英語のスキルを確実に測定するテストであるために、ETSでは、この度TOEICテストの出題形式を一部変更します」

このテストの出題形式一部が変更されることになりますが、検証を繰り返して行いTOEICスコアの算定要素が、出題形式の変更前後で変わらないことが既に検証されているとのことです。テストの難易度やテストの実施時間にも変更はないとされますが、受験者の再度では不安の残るところです。

このテスト内容の変更により、本年以降に、アメリカ公立高校交換留学制度、オーストラリア高校留学、カナダ高校留学、イギリス・ボーデイングスクール留学、ニュージーランド高校留学を目指す生徒の受験するSLEPテストの内容構成に影響がでることが予想されます。