SLEPテストの重要性

アメリカ高校生交換留学の申し込みに際しては、現在もSLEPの点数がプログラム参加と、実際の現地ホストファミリーへのプレースメントで重視をされています。このテストは最高得点を68点の偏差値算定による最高点として、獲得点を算定するのですが、アメリカ高校生交換留学参加合格には45点以が要求されます。このSLEP45点のレベルは、日本の英語テストを代表する実用英検で示すと「英検2級」より少し上程度といえます。従って、日本の高校で英語が得意な生徒、高校学年で英語トップレベルの生徒は達成が可能な点数といえます。テスト形式は、TOEICテストのようなマークシート筆記式で、リスニングとリーデイングの2英語技能を試す問題に、限られた時間内に答えるものです。近年は中国を含めたアジアからの参加希望者の増加で、規定点数が上がる傾向にあり、47点以上を獲得することが推奨されます。このテストで高得点を出すためには英単語力が必要で、アメリカの高校学科を理解できる内容のものまで範囲を広げて学ぶ必要があります。一番これに相違するテストは、TOEFL-ITP(PBT)ですので、近い将来高校留学を目標とする皆さんは、ぜひこのテストを体験して下さい。

slep-test