IELTSアイエルツの台頭

aielts日本では、TEAPテイープが開発され、2013年より高校生の私立大学受験の英語試験として取り入れられている現状を前回のブログで紹介をしました。経済やビジネスシーンの国際化と同様に、国内の英語教育もボーダーレスな環境のもとで急激な国際化を求められています。

日本の高校生の英語検定といえば、「英検」が中心でした。その理由は、英検の準2級~準1級の試験問題がセンター試験英語や国立大学入試に類似していたため、英検を修得することで大学入試を克服できるというメリットにありました。これを他の英語検定試験である TOEIC Bridge、TOEFL Junior、 GTECなどが追随してきましたが、今後はIELTSアイエルツが急進する可能性があります。IELTSは英語の母国イギリスが世界に誇る英語検定です。このテストの原型であるケンブリッジ英語検定試験は80年以上の歴史のある格式の高いテストです。このテストで7.0バンドスコア(9.0満点)を達成すると、ケンブリッジ大学やオックスフォード大学に出願ができます。さらに、イギリスの査証申請、労働許可、居住許可の申請まですべてがこのを英語検定証明で賄えるということで、イギリスの教育省が「高校留学から永住権まで」の言語資格と正式に制定しました。現在イギリスの学生ビザを申請して入国許可を得るにはIELTSなしでは実現が不可能です。IELTSの試験開催センターも整備され、世界中のほとんどの都市で受験ができるようになりました。日本では、英検協会がこのテストの運営を受託し、日本国内の多くの都市で通年で IELTS試験を開催しています。競合が発生したときは、常に格の高いものやサービスがをシェアを伸ばしてiきた社会現象は英語の世界でも同様かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>