小学生から大学生まで対応★TOEFLテスト

日本を含むアジア各国の英語学習の開始状況は、シンガポール、フィリピン、インドネシア、タイで小学校1年から、韓国、中国、台湾では小学3年から実施されています。日本でも文科省が英語学習を小学3年に前倒しして取り入れられる計画です。

英語の国際的な検定テストも近年異常なほどの多様な広がりを見せ、英語資格の覇権争いでもあるように感じることがあります。例えば、TOEFLテストひとつをとっても、 TOEFL-IBT、TOEFL ITP Test、TOEFL Primary Test、TOEFL Junior Test で TOEFLファミリーを形成して、このテストの国際的シェアの拡大を目指しています。TOEFLテストの中では、TOEFL Junor Test が英語を母語としない若年向け英語力測定テストとして、日本では文科省が推奨テストとして認定しています。
TOEFL Primary Test が8歳以上の受験者を想定しCEFR のA1-A2、 TOEFL Junior Test が11歳以上でCEFR A2-B2レベルをカバーする測定テストに設計されています。これ以上のレベルは、TOEFL-IBT、TOEFL ITP Test の上位テストでCEFR C1レベルまでをカバーしています。TOEFLテストは2014年現在、全国の8会場(札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡)で実施されています。

ETSは、「TOEFLテストは、習熟レベル・認知レベル・年齢レベルに応じて作成された課題を通して、コミュニケーションスキルと英語学習者の英語運用能力を測定できる英語検定」であると発表しています。アメリカ高校交換留学には、TOEFL-IBTテスト、または、TOEFL Junior Test のスコアを利用して申し込むことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>