アメリカで拳銃事件発生

昨日のアメリカ大統領選挙のブログで、銃の規制について少し触れました。アメリカが、海外からの留学生が安全に暮らせる国であることを願い、そして大学など学問の場にこれらの武器が持ち込まれないことを願っていたところ、またカンサス州で事件が起きたという報道がありました。カンサス州にはカンサス州立大学という優秀な大学があり、数名の日本人の生徒が寄宿舎で暮らしています。少しでも安全なアメリカを願うばかりです。

Yashooニュースより
米カンザスの工場で銃乱射、3人死亡 14人負傷
AFP=時事 2月26日(金)10時16分配信

【翻訳編集】 AFPBB News
【AFP=時事】(更新)米中西部カンザス(Kansas)州の工場で25日、従業員の男が銃を乱射し、少なくとも3人が死亡、14人が負傷した。5人は重体だという。容疑者の男は当局によって射殺された。地元保安官が明らかにした。
 事件があったのは同州ウィチタ(Wichita)北方にある小さな町ヘストン(Hesston)の芝刈り機工場。地元保安官は当初、死者は7人に増える恐れがあり、負傷者は最大30人に上ると述べていた。
 保安官の発表によると、男はまず路上で車中から通りかかったドライバー2人に相次いで発砲。このうち1人の乗っていたピックアップトラックを奪って工場に向かったという。
 一方、目撃者の話によれば、男は工場の駐車場でまず女性1人を撃った後、工場内の組み立てエリアに入り、発砲を始めた。当時、工場内にいた男性は、男が組み立てエリアでアサルトライフルと拳銃を乱射し、従業員らは叫び声を上げて一斉に逃げ出したと話している。
 地元メディアは男の身元について、この工場で塗装工として働いていたセドリック・フォード(Cedric Ford)容疑者だと報じている。同容疑者は数か月前にマイアミ(Miami)からヘストンに引っ越してきた人物で、窃盗目的での徘徊や武器の違法所持などさまざまな犯罪歴があったとされ、事件前にアサルトライフルを持った自身の写真をソーシャルサイトのフェイスブック(Facebook)上に投稿していたという。
【翻訳編集】 AFPBB News

.

アメリカ大統領選に思うこと

 アメリカの大統領選挙候補者選挙で、トランプ氏が思わぬ快挙を遂げていますが、この選挙は終盤にどのような結果になるのか今だ余談を許さないところです。

 先日、この候補者選挙から撤退を表明された共和党のジェフ・ブッシュ氏のおひざ元であるテキサス州での銃所持がクローズアップされました。ブッシュ氏は2003年、全米ライフル協会からライフルを贈られ、この組織の全国大会で演説も行いました。全米ライフル協会は多くの会員を持ち、選挙において影響力を持つ団体です。今年2月16日にはツイッターで「ジェブ・ブッシュ★USA」と刻印された銃の写真を掲載しました。このツイートが批判を浴びたので一転、「銃工場で働く人々を守ろうと考えたのだ。ツイッターに投稿したのは自分ではない」と釈明をしました。
 
 アメリカでは、憲法で銃の所有が自衛権として認められています。そして、テキサスは西部開拓の歴史の中で、カウボーイとインデイアンとの激しい戦いがあった場所としても知られています。

 問題は、留学生の生活の場である大学内でも銃を持っている生徒がいることで、それを規制することが相当に困難だという現実です。大学では学則によって、銃の持ち込みを規制しようと取り組むも、その銃規制規則が憲法に違反するという意見が、キャンパスの治安を守ろうとする大学側を悩ませています。実際に大学内での銃の発砲事件は後を絶たず、毎年アメリカのどこかで起きています。銃を所持してなければ殺人まで至ることはなかったケースも多いと思われるので、せめて学問の場では何らかのルールが必要と思われます。

お年寄りは国の宝

最近のニユースでは、元読売ジャイアンツの清原選手の事件と、老人ホームの介護士の事件が頻繁に伝えられてきます。テレビや新聞などのメディアでは、これらは何れも深刻な問題として毎日詳しく報道されています。

「お年寄りは国の宝」と表現されたことが昔ありましたが、現在65歳以上の人口が激増する社会環境の中で、お年寄りの支えとなる老人介護ホームのスタッフの方々の労働負担は大変なものになっているようです。

誰もが年老いていくと、最後は歩行困難、寝たきり、または認知証などになる可能性が高く、自宅生活が困難にななった時点で老人ホームのような社会福祉施設にお世話になると思います。

年齢を重ねると、どうしても物覚えが悪くなり、人や場合によってはアルツハイマー病や認知症になることもあるのでしょうが、「ピアノを弾く老人、手作業をする老人、英語を話す老人」は、記憶に係わる脳の病気が起きにくい、あるいはこれらの病気になっても進行が遅いという話を聞いたことがあります。

英語が得意な青年の皆さんは、ぜひ英語・英会話をこれから極めて「バイリンガル」を目指して下さい。そうすれば、脳の老化を抑えることができる可能性があります。どうであっても、これから大人となって年を重ねていく皆さんには、健康で豊かな老後を送っていただきたいものです。

elderly

 

帰ってくる「鉄腕アトム」

アメリカの高校留学生から、メールで日本の有名なアニメーシヨンがアメリカで実写化されるという連絡が入りました。海外では Astoro Boy (アストロボーイ)として有名な「鉄腕アトム」が、ハリウッドで実写化されると報道があったようです。

日本でも時を同じくして、ネットニュースで、ロゴ・ムービーを企画したオーストラリアのアニマル・ロジックエンタテイメントによって映画化される予定があると報道されました。製作は、かの有名なザレー・ナルバンディアン、ジェイソン・ラストと、マイク・キャラハン、ルーベン・ライバーなど実績有る製作者がかかわるようです。

ところで、過去にも日本のアニメーシォンを海外で大がかりな実写化をした例がたくさんあります。ドラゴンボールもその一つですが、この時は話題が先行して一定の興行成績をあげたものの、大成功に至ったという感じではありません。アニメのキャラクターのイメージが既にできあがった後で実写化となるので、制作側としては、原作に似せるのか、それとも異質なキャラクターで映画を作るのか、映画企画として迷うところでしょう。

原作は、アトムが人類のために自分を犠牲にして、正義の子として、ラストシーンで太陽に向かって突入していった覚えがあります。こういう自己犠牲を美化するストーリーが外国文化に受け入れられ拍手喝采となるか心配です。

それでも、かわいいアトムが銀幕に出てきて、空を飛ぶことを期待します。