アメリカ大学奨学金プログラム-高松開催

ace-takamatsu開催日:2018年2月6日(土曜日)午後2時
会 場:高松エース留学センター
住 所:高松市瓦町2-12-5 ブルーメンビルⅡ1F
参加予約:087(831)0188

米国大学スカラーシップ協会(本部:米フロリダ州、代表:サムエル・M・シェパード/フルブライト日米教育委員会前代表)が募集・運営するプログラムの説明会を開催します。

応募資格は入学時の年齢が18歳以上、25歳以下で高校卒業または卒業見込の方です。入学は9月と1月です。入学する大学から毎年継続的に卒業まで学費と寮費の50%~75%が奨学金として支給されます。アメリカでは多くの大学生が卒業までに何らかの奨学金を受給していますが、この『アメリカ大学奨学金プログラム』の奨学金は、主に寄付金を財源としており、その財源の内一定の比率が留学生への奨学金として支給されています。

アメリカの大学側では、この奨学金制度を利用して各国の留学生を受け入れる事でキャンパスの国際化を図ろうと言う意図があります。この為、他の奨学金と比べて、奨学金給付の為のハードルが低く、入学時から卒業時までの間に継続的に支給され、返済の義務がない為、留学生にとって大きなメリットが期待できます。

本制度は1977年より開始され、過去1500名以上の学生がこの奨学金を利用してアメリカの大学へ留学しました。日本では2004年9月より募集を開始して、年間100名以上の方々がアメリカの大学へ留学されています。

伝統あるリベラルアーツ系大学を中心に、米国大学認定団体から認定を受けた全米27州70大学以上がこの制度に参加しています。リベラルアーツ大学では小規模で家庭的な環境の中で良質な教養教育を幅広く学ぶ事ができます。アメリカの大学が奨学生として受け入れる基準は様々で、対象となる方であれば現在の英語力・学力を問わずに応募する事ができます。本制度で、意欲あふれる日本の若者がアメリカに留学し逞しい国際人に成長する事を願ってやみません。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

東京-岡山-福岡-広島-福山-山口-香川-愛媛-島根で留学説明会開催

英語合宿

このページの先頭へ