高校留学参加の英語力について

■英語の学習準備をしっかりと
多くの方から、高校留学に必要な英語力について尋ねられます。外国に行って生活する以上は、事前に出来る限りの英語学習をして下さい。外国へ行くだけで、自動的に英語が上達するということはありません。

高校留学に参加する方は、交換留学でも、卒業留学でも日本を出発する迄に、英検準2級~2級レベルの英語力を身に付けておきたいものです。特に、英単語力が現地の高校就学ではモノをいいます。必修単語3000、重要単語2000くらいは、覚えておきたいところです。英文法は、基礎をしっかりと復習することで対応できます。

■適応性と積極性、あとは意欲が大事
英語力や学力が低くても高校留学はできますが、最後までやり遂げる意欲と、一生懸命取り組む姿勢が必要です。卒業留学では、英語力、学力とも高い方が望まいといえますが、それにも増して外国生活という新しい環境に適応できる能力が大切です。

英語や海外生活に不安をお持ちの方は、お近くにエース外語学院がある場合は、事前の英語研修や留学カウンセリングをお受け頂けます。遠方の方で、エースに通学できない方には教材を提供します。英語の基礎学力は重要ですので、英語の基本となる中学英語をしっかり身につけて下さい。また、英語だけではなく、他の教科も勉強しておくことが大切です。現地の高校では英語だけが履修科目ではありません。数学、社会、理科などの一般教科も勉強することになるからしっかり日本の高校でも学びましょう。

現在のエースの留学生は、海外の高校卒業を目指す生徒が80%以上おられます。年々、卒業留学を目指す学生が増加する傾向にあります。外国の学校を卒業するのは、英語や現地生活英語や現地生活になじみ、真面目に授業に出席して、提出物を出せば決して難しいことはありません。

■英語学習にはテスト教材も取り入れて
英語を学ぶ時は、英単語と英文法に加えて、英検やTOEICなどの受験学習を平行して行って下さい。これらの問題の中には、海外の文化を題材とする記事や、英語の手紙、広告、注意書きなど多数が問題として出題されているからです。特に、TOEICのリーディング問題の後半部分(155題目以降)は実際にビジネスの現場で使われている役に立つ内容です。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

東京-岡山-福岡-広島-福山-山口-香川-愛媛-島根で留学説明会開催

英語合宿

このページの先頭へ