帰国生大学試験の対策コースを開催中

現在、海外の高校に留学中の方、既に高校を卒業された方で、日本の大学の帰国生特別試験を受験予定の生徒さんに、大学出願の御相談とサポートを行っています。相談は無料ですのでお気軽にご来場下さい。ご希望により、英語テスト模試、日本語小論文の指導、他の科目の対策や大学への出願書類の確認などもアドバイス致します。帰国生特別試験は、一般入試に先だって行われますので、早めの準備が重要です。

【帰国生特別入試とは】
大学入試では、帰国生の受験枠が区別してあるため、一般受験と同じ勉強は必要とされません。毎年、早慶上智をはじめとする有名私立大学や、東京外大、広島大学、長崎大学、神戸外大などの国公立大学に合格者を輩出していますが、求められているものは、帰国子女としての英語力と大学で学ぶ上で必要な学力です。帰国生入試は大学によってその試験内容もバラエティーに富んでいます。

英語力として SAT、TOEFL iBTのスコアを提出させ、学力の判断基準として各大学が実施学力試験で、小論文、面接などを課すのが一般的です。帰国生入試は決して楽な入試ではありません。 「帰国枠入試 = 楽な入試」というイメージがあるかも知れませんが、実情は決してそうではありません。確かに各大学筆記試験は帰国枠のものなので、一般枠と比較すると簡単ですが、逆に英語は高いレベルが求められる傾向があります。さらに大学別の学力試験についても対策が必要です。国語小論文で必要とされる日本語の読解力は早くから準備することをエースでは推奨しています。しっかり準備をして受験をすることが求められています。エースに大学進学はおまかせ下さい。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

東京-岡山-福岡-広島-福山-山口-香川-愛媛-島根で留学説明会開催

英語合宿

このページの先頭へ