トビタテ!留学JAPAN★広島審査会開催お知らせ

トビタテ!留学JAPANの高校生コース二次審査会が広島市で3月23日に開催されます。会場は広島なぎさ中学・高等学校の予定です。多くの生徒が一次審査に合格しました、いよいよ2019年の二次面接試験にのぞみます。二次審査は、どのようなものか、今回お話をします。

ところで、一次審査合格者には高校の先生を通してトビタテの二次審査会の日程が知らされている筈です。丁度高校の春休み時期なので、何の連絡がない場合には、自分のほうから急いで高校の担当の先生に確認を取りましょう。

ビタタテ!留学JAPANの2次選考は、「個人面接」「 グループデでのデスカッション」があります。2つの審査は恒例のものなので準備をしてください。参加の服装は自由です。一番いいのは高校の制服です。

個人面接は時間が20分で、審査官と1対1で「 自己紹介や留学計画の説明」そして質疑応答が行われます。審査会場は広島なぎさ学院の教室が使われる予定です。個人面接で重要なのは留学計画をしっかりと説明できるかどうかと質疑応答に応えられるかのこの2点です。面接で緊張している時に資料無しでいきなり留学計画をはなして!って言われても上手く言える人は少ないので、何か留学計画を伝えるプレゼン資料を用意しましょう。画用紙にマジックで書いたり、ワードなどで作成してプリントするのも良いでしょう。紙芝居的な説明でもかまいません。パワポで作れば、尚アピールになります。

もうひとつは、グループデイスカッションです。多人数の生徒が一斉に一部屋に入り、自分の番号がかいているテーブルに着席して、司会の方のコールで与えられたたテーマについて各自で意見を述べます。面接官はそれを採点するという感じです。与えられるテーマは、難しいい内容はなく、留学に関することが中心になります。

例として記述すると、留学計画について、トビタテに応募した動機、これまでに海外に行った経験、 海外の生活への期待、東京オリンピック開催の意義、 帰国してのプランは、困難をどのようにして克服したか、学生として頑張っていることは、将来の夢は、などです。多くの高校生の審査合格を期待します。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

東京-岡山-福岡-広島-福山-山口-香川-愛媛-島根で留学説明会開催

英語合宿

このページの先頭へ